一般社団法人 群馬県木造住宅産業協会  
HOME   協会の御案内

設立の経緯

地域の振興と良質住宅を供給する木造住宅産業の健全なる発展を図り県民の文化、生活向上に寄与するため、群馬県木造住宅産業協会が平成11年6月1日に結成されました。
設立後『'99住宅フェア』に参加し、上棟式や木造住宅のPR及び研修会等を行いました。また、平成12年2月25日には社団法人となりました。平成12年、住宅完成保証について研究して協会独自の『ぐんま住宅完成保証制度』を創設し10年間の運営を経て、平成23年6月『群馬県完成保証預託金制度「金庫番」』の運営を開始。引き続き消費者保護に取り組んでいます。平成26年4月1日『一般社団法人群馬県木造住宅産業協会』と名称変更を行いました。

組織及び事業の概要
① 名  称 一般社団法人 群馬県木造住宅産業協会  会長 向井 詔士
② 事 務 所 群馬県前橋市紅雲町1-7-12  (群馬県住宅供給公社 4F) 地 図
TEL 027-221-1113/FAX 027-221-1114
土木事務所管轄区別に10支部
③ 会員の種類及び資格 (1)正会員  群馬県内に事務所を有し、在来木造住宅建築
       工事業を営む個人または法人。
(2)賛助会員 協会の事業を賛助する個人又は法人。
現会員数 185社  平成27年3月現在
⑤ 事業の概要 (1)群馬県完成保証預託金制度『金庫番』の運営業務
(2)在来木住宅の普及、調査、研究及び広報
(3)在来木造住宅に関する相談、研修会等の実施
(4)経営及び技術向上に関すること
(5)その他協会の目的を達成するために必要な事業